展覧会概要

フィンランドを代表する建築家アルヴァ・アアルトとその妻アイノは、フィンランドの環境特性に基づき、自然のモチーフを取り入れたデザインでモダニズムに対する独自の回答を探究しました。「パイミオ サナトリウム」(1933)などコンペで実現した作品は、二人を一躍世界の建築家の舞台へと押し上げ、建築のためにデザインされた家具は、後のアルテック設立の道筋をつけることになります。本展では、アアルト夫妻の曲げ木の技術に焦点を当て、無垢材をL 字型に曲げる「L – レッグ」と、積層合板による「ラメラ曲げ木」の開発について、成形から商品化までの道のりを辿ります。

2020年3月28日(土)~6月7日(日) 8月30日(日)
※会期を延長いたします。
竹中大工道具館1Fホール
開催時間
9:30〜16:30(入場は16:00まで)
休館
月曜日(祝日の場合は翌日)
入館
一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上の方200円(常設展観覧料を含む)
ギャラリー エー クワッド
竹中大工道具館
特別協力
アアルト・ファミリー コレクション、アルヴァ・アアルト財団
アルテック、フィンエアー、フィンエアーカーゴ、イッタラ
フィンランド大使館、フィンランドセンター
ギャラリー エー クワッド
企画協力
S2株式会社

※本展と現在ギャラリー エー クワッドで開催中の展覧会は、世田谷美術館・兵庫県立美術館にて2021 年に開催予定の「アイノとアルヴァ 二人のアアルト」展プレ企画です。

チラシ A4サイズ・PDF形式のチラシがダウンロードできますチラシリンク(PDFファイル・約1MB)
おうちで
ミュージアム
■会場映像
■バーチャルミュージアム(360度ご自由にお楽しみください)
■展示内容(リンク:PDF)
関連イベント

■ギャラリートーク ※延期
アルヴァ・アアルトの孫で、アアルトの財産を管理するアルヴァ&アイノ・アアルトエステートの代表であるへイッキ・アアルト-アラネン氏によるギャラリートークを開催します。

へイッキ・アアルト-アラネン(アルヴァ&アイノ・アアルトエステート代表)

積層曲げ木を学ぶ(全2回) ※延期
積層曲げ木とは薄くスライスした単板を重ねて接着した木質ボードのことです。日本の家具職人による本ワークショップでは、小品をつくりながらその技術を学びます。

永野智士(株式会社永野製作所)

「技と心」セミナー[99]アアルト家具のデザインとアルテック ※中止
フィンランドの巨匠、建築家アルヴァ・アアルトとその妻アイノらにより設立された北欧の家具ブランド、アルテックの作品と活動について紹介します。

ティモ・リエッコ(アルヴァ・アアルト財団/アルヴァ・アアルト美術館学芸員)