山深い福島県奥会津地方には家を建てる際に、石切、火伏の神、板囲いなど独特な建築儀礼が行われていました。また、当地の番匠(大工)は師匠に弟子入りして、一人前と認められると巻物を伝授されます。巻物の伝授は18世紀から今日まで続けられていました。巻物には大工道具の由緒と本尊、儀礼次第とそこで唱えられる呪い歌などが記されています。本セミナーでは、奥会津地方の建築儀礼と番匠巻物について紹介いたします。

 
講    師 宮内貴久(お茶の水女子大学教授)
開催日時 4月22日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
場    所 神戸芸術センター会議室
定    員 80名 ※応募者多数の場合は抽選
参  加  費 無料(入館料は別途必要)
申込締切  2017年3月31日(金)必着
申込方法  ウェブメールまたは往復はがきに下記事項をご記入の上
お申込みください。
 ・ウェブメールの申し込みはこちら 
 ・往復ハガキ(ハガキ1枚につき1名様まで)
[往信用裏面]
 ①セミナー名 ②氏名(フリガナ) 
 ③郵便番号・住所 ④電話番号 ⑤参加者年齢
[返信用表面]
 ・宛先に郵便番号・住所・氏名を記入
 ・裏面は未記入のこと
[申込先]
 〒651-0056神戸市中央区熊内町7-5-1竹中大工道具館イベント係

※過去のセミナーはこちら