(1) 穴挽鋸(あなひきのこ/片刃・横挽)
「鼻丸鋸」ともいう。丸太の端を切り落としたりする荒仕事に使う。歯が茨目のため、部材を斜めに挽くときにも使う。尺3寸〜尺6寸が普通。
(2) 挽割鋸(ひきわりのこ/片刃・縦挽)
挽割には、木挽用挽割、大工用挽割、舟手挽割の3種があり、それぞれ形が異なる。「ブッキリ」ともいう。材の大割用に使う。尺3寸〜尺6寸が普通。
(3) 舟手挽割鋸(ふなてひきわりのこ/片刃・縦挽)
「鯛型」「舟手鯛型」「舟手」などとも呼ばれる。もともとは船大工が板の接合面の摺合せ等に使う鋸だが、大工仕事でも挽割鋸の代わりに使うようになった。
尺2寸〜尺4寸が普通。
 
(1) 鑼(ががり/片刃・縦挽)
斜めに柄をつけたものとまっすぐに柄をつけたものとがある。前者は主に材の大割用に使い、後者は主に小割用に使う。8寸〜尺3寸が普通。
(2) 挽切(ひききり/片刃・横挽)
通称「キリ」とも呼ばれる。横挽きに使う。8寸〜尺3寸が普通。
(3) 両刃鋸(りょうばのこ/両刃)
鋸身の両側に縦挽き・横挽き両種の鋸歯をつけた兼用の鋸。明治30年代頃から全国的に普及した。8寸〜尺2寸が普通。
(4) 穴挽両刃鋸(あなびきりょうばのこ/両刃)
荒仕事に使う。横挽き用は茨目で、穴挽鋸と同じ機能を持つ。尺〜尺3寸が普通。
 
(1) 胴付鋸(どうつきのこ/片刃・横挽)
鋸身は薄く、背金で補強してある。歯は細かく、挽き肌は平滑で精密な加工に適する。精巧な小細工の組手加工に使う。8寸〜尺が普通。
(2) 畔挽鋸(あぜびきのこ・両刃)
両刃は鴨居挽と畔挽が合体したもので、明治以降普及し、現在では畔挽きといえば両刃のものを指す。部材の中間に穴を加工するときに使うため、刃渡りが短く湾曲している。2寸〜3寸5分が普通。
(3) 鴨居挽鋸(かもいびきのこ/片刃・縦挽)
両刃畔挽の出現で激減した。鴨居の溝の加工や柱の背割などに使う。大型(6寸〜7寸)のものは、「心挽」あるいは「胴割」ともいわれる。4寸〜5寸が普通。
(4) 挽廻し鋸(ひきまわしのこ/片刃・横挽)
廻し挽の一種。板材に曲線を持った貫通部を加工するのに使う。引いて使う。
6寸〜尺が普通。
(5) 突廻し鋸(つきまわしのこ・片刃・横挽)
廻し挽の一種。挽回し鋸と同じ機能を持ち、押して使う。6寸〜8寸が普通。
(6) 欄間挽鋸(らんまびきのこ/片刃・横挽)
挽回しの極小形で歯も細かい。精密な加工に使う。3寸〜5寸が普通。
 
(1) 底廻し鋸(そこまわしのこ/片刃・横挽)
桶屋用の廻し挽鋸で、先端が櫛形になっている。小鋸として便利なため、一般用としても使われる。6寸、9寸が普通。
(2) 押え挽鋸(おさえびきのこ/片刃・横挽)
歯は細かく鋸身も薄い。鉋台の押え溝の両側を挽くのに使う。5寸、6寸が普通。
※ 本ページの内容は『竹中大工道具館収蔵品目録第1号-鋸篇-』の解説を抜粋したものです。
※ 品名は、主に関西で用いられている道具名称を参考にして当館で用いられている統一名称によっています。地域や研究者によって道具の名称はことなることがあります。





 
墨掛道具 罫引 雑道具

ページトップへ 大工道具の紹介インデックスへ